記事を検索

オンラインシンポジウム「ウィズコロナを生きる 読書から学ぶ知恵」(10月9日)

新型コロナウイルスの感染拡大は政治・経済、社会の価値観を揺るがし、わたしたちの暮らしや働き方も変えました。困難なウィズコロナの時代をどう生きるのか、そのヒントは様々な書物のなかに隠されています。日本を代表する2人の作家、多和田葉子さんと池澤夏樹さんの対談を通じ、新しい読書の扉を開いてみませんか。感染予防のため今回のシンポジウムはベルリンと札幌、東京をオンラインでつなぎ、映像でお届けします。

主催

公益財団法人文字・活字文化推進機構、日本経済新聞社

プログラム(事前収録)

オンライン対談「ウィズコロナを生きる 読書から学ぶ知恵」

対談者
 多和田葉子さん
 池澤夏樹さん
コーディネーター
 中野稔さん(日本経済新聞社編集委員)

日時

2020年10月9日(金)
12:30~14:00(予定)

申込方法

以下よりお申し込みください。案内メールをお送りします。視聴無料です。

>>視聴申込フォームはこちら

出演者プロフィール

多和田葉子(たわだ・ようこ)さん
小説家、詩人。1993年「犬婿入り」で芥川賞、2000年「ヒナギクのお茶の場合」で泉鏡花文学賞、03年「容疑者の夜行列車」で伊藤整文学賞と谷崎潤一郎賞を受賞した。18年「献灯使」で全米図書賞(翻訳文学部門)を受賞。その他の作品に「溶ける街 透ける路」「尼僧とキューピッドの弓」「百年の散歩」「地球にちりばめられて」「星に仄めかされて」などがある。82年よりドイツ在住。

 
池澤夏樹(いけざわ・なつき)さん
作家、詩人。1988年「スティル・ライフ」で芥川賞、93年「マシアス・ギリの失脚」で谷崎潤一郎賞、94年「楽しい終末」で伊藤整文学賞を受賞。個人編集による「世界文学全集」に続き「日本文学全集」を2020年に完結した。著書に「氷山の南」「キトラ・ボックス」「科学する心」など。18年から19年にかけて日本経済新聞に連載した小説「ワカタケル」の単行本を9月刊行。札幌在住。

お問い合わせ

公益財団法人 文字・活字文化推進機構
「オンラインシンポジウム」係
TEL 03-3511-7305(平日10時~17時)
FAX 03-5211-7285

※ 恐れ入りますが、お使いの動画閲覧機器やネット環境などのお問い合わせにはお答えできかねますので、ご了承ください