記事を検索

フォーラム「困難を抱える子供たちのために ~読書でつくる、子供の居場所~」


htmlページ(テキスト)でのご案内はこちら(別ページリンク)

「広げよう!子供の読書応援隊」フォーラム
困難を抱える子供たちのために ~読書でつくる、子供の居場所~

 悩み、生きづらさを感じ、困難を抱える子供たちにとっての心の支えの1つとして、本、そして読書はどのように役立っているのでしょうか。作家、専門家、当事者を支援者する方々と共に、読書の力や、周りの大人にできることなどを考え合います。
 
興味、関心のある方は、どなたでもご参加ください!

お申し込みフォーム

1215フォーラムチラシ1112のサムネイル
チラシのpdfデータ(画像をクリックしてください)

「広げよう!子供の読書応援隊」フォーラムの全体概要についてはこちらをご覧ください。

日時

2019年12月15日(日)
13:00~16:00[12:30開場]予定

会場

大阪樟蔭女子大学 翔空館 10階 1001教室
(大阪府東大阪市菱屋西4-2-26)
会場アクセスはこちら

近鉄奈良線「河内小阪駅」より徒歩4分
JRおおさか東線「JR河内永和駅」より徒歩5分

主催等

【主催】独立行政法人 国立青少年教育振興機構
【主管】公益財団法人文字・活字文化推進機構
【協力】大阪樟蔭女子大学
【後援】学校図書館議員連盟、活字文化議員連盟、子どもの未来を考える議員連盟、公益社団法人 全国学校図書館協議会、一般社団法人 日本新聞協会、一般財団法人 出版文化産業振興財団

参加費

無料

定員

200名(先着順につき、定員に達し次第、締め切ります)

プログラム
第一部 対談講演「生きづらさを感じる子供に伝えたいこと」
 森 絵都さん(作家)×  石井志昂さん(「
不登校新聞」編集長)
 
第二部 シンポジウム「読書でつくる、子供の居場所」
 森 絵都さん(作家)
 石井志昂さん(「不登校新聞」編集長)
 ひこ・田中さん(児童文学作家・評論家)
 堀川照代さん(青山学院女子短期大学 教授)
コーディネーター:
 菅 正隆さん(大阪樟蔭女子大学 児童教育学科長)
  
※プログラムは変更となる可能性がございます
申込方法

WEBフォームまたは、必要事項(①申込者氏名 ②申込者数 ③ご職業・ご所属など ④電話番号・FAX番号 ⑤ご住所)を明記のうえ、以下の「子供の読書応援隊」事務局までお送りください。

※ 定員に達し次第、締め切ります。開催前までに、メールもしくは郵送にて、参加通知を発送いたします
※ いただいた個人情報は、本事業及び主管団体からの読書推進事業のお知らせにのみ使用いたします

お申し込み・お問い合わせ

お申し込みフォーム

「子供の読書応援隊」事務局
101-0051東京都千代田区神田神保町3-12-3
(公財)文字・活字文化推進機構内
TEL 03-3511-7305(平日10:0017:00
FAX 03-5211-7285

「広げよう!子供の読書応援隊」フォーラム 公式ツイッター@dokusho_ouentai

出演者略歴

森 絵都(もり・えと)さん
作家
1968年、東京都生まれ。シナリオライターを経て、1991年『リズム』で第31回講談社児童文学新人賞を受賞し、作家デビュー。『宇宙のみなしご』『アーモンド入りチョコレートのワルツ』『つきのふね』『カラフル』『DIVE!!』『ショート・トリップ』『永遠の出口』など、その著書の多くがさまざまな賞を受賞している。2006年『風に舞いあがるビニールシート』で第135回直木賞を受賞。2017年『みかづき』で第12回中央公論文芸賞を受賞。近著に『カザアナ』など。

石井志昂(いしい・しこう)さん
不登校新聞」編集長
1982年、東京都生まれ。中学受験を機に学校生活が合わなくなり、教員や校則、いじめなどを理由に中学2年生から不登校。同年、フリースクール「東京シューレ」へ入会。19歳からNPO法人全国不登校新聞社が発行する「不登校新聞」のスタッフとなり、2006年から編集長。これまで、不登校の子どもや若者、識者など400人以上に取材してきた。

ひこ・田中(ひこ・たなか)さん
児童文学作家、評論家
1953年、大阪府生まれ・在住。1990年『お引越し』で第1回椋鳩十児童文学賞を受賞。1997年『ごめん』で第44回産経児童出版文化賞JR賞を受賞。2作とも、映画化されている。2017年『なりたて中学生 初級編・中級編・上級編』で第57回日本児童文学者協会賞受賞。主な著書に『ぼくは本を読んでいる。』『大人のための児童文学講座』などがあり、様々な雑誌や新聞等に発表された児童文学の書評を収集・公開するウェブサイト「児童文学書評」を主宰するなど、児童書評論家としても活躍している。


堀川照代(ほりかわ・てるよ)さん
青山学院女子短期大学 教授
1988年東京大学大学院教育学研究科満期退学。1988から2011まで島根県立大学短期大学部教授。現在、青山学院女子短期大学教授。専攻は図書館情報学。著書に『児童サービス論』(編著)日本図書館協会、『学習指導と学校図書館』(編著)放送大学教育振興会、『「学校図書館ガイドライン」活用ハンドブック』(編著)悠光堂など多数。

菅 正隆(かん・まさたか)さん
大阪樟蔭女子大学 児童教育学科長
岩手県生まれ。大阪外国語大学(現大阪大学外国語学部)卒業。大阪府立高等学校教諭、大阪府教育委員会指導主事、大阪府教育センター主任指導主事、文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官、並びに国立教育政策研究所教育課程研究センター教育課程調査官を経て、20094月より現職。NHK「クローズアップ現代+(プラス)」等多数マスコミに出演。文部科学省検定教科書等多数執筆。