記事を検索

「(仮称)こども本の森 中之島」設立記念連続講演会 第2回

 文学をはじめとした良質で多用な芸術文化に直接触れえることができる子どもたちのための新たな施設として、「(仮称)こども本の森 中之島」(以下、「本の森」)が大阪市・中之島公園内に設立される予定です。これは、同市出身の建築家である安藤忠雄氏設計の建物の寄附によって計画されているものです(「本の森」について、詳しくはこちらをご覧ください。大阪市ホームページへ移動します)。

 この「本の森」の設立に向け、子どもたちに本や芸術と親しむ楽しさを中之島から発信していくため、設立記念連続講演会を開催しております(第1回目の開催についてはこちらをご覧ください)。

 本講演会 第2回の講師として登壇いただくのは、ゴリラ研究のフィールドワークでもおなじみの京大総長・山極壽一先生。会の冒頭には、安藤忠雄氏、吉村洋文大阪市長も登壇し、山極先生を交えて、「本の森」への思いを語っていただきました!

1111チラシのサムネイル

日時

2018年11月11日(日)14:00~15:30
(13:30開場)

場所

大阪市役所 1階 東側玄関ホール アクセス
(大阪市北区中之島1丁目3番20号)

主催

公益財団法人 文字・活字文化推進機構
こども本の森設立記念講演会実行委員会
大阪市

特別協力

読売新聞社

協賛

一般財団法人 安藤忠雄文化財団 ほか

内容

◆講演「ぼくはこうしてゴリラになった」
 京都大学 総長 山極壽一氏

◆子どもたちとの対話(質疑応答)

講師略歴

山極壽一(やまぎわ・じゅいち)氏
霊長類学者・人類学者。理学博士。京都大学霊長類研究所助手等を経て京都大学大学院理学研究科教授。2014年より京都大学総長。2017年より国立大学協会会長、日本学術会議会長も務める。ゴリラの社会や生態の調査を実施し、初期人類の社会の復元を試みている。コンゴでゴリラと人の共生を目指すポレポレ基金の活動にも参加。主な著書に『ゴリラ』(東京大学出版会)、『サル化する人間社会』(集英社)、『おはようちびっこゴリラ』(新日本出版社)、『ゴリラとあかいぼうし』(福音館書店)、『ゴリラは語る-15才の寺子屋』(講談社)など。

ホームページ

参加者数

約250名

対象

小学生~中学生の児童生徒と、その保護者など

参加費

無料

問い合わせ先

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町3-12-3
公益財団法人 文字・活字文化推進機構

TEL  03-3511-7305(平日9時~17時)
FAX 03-5211-7285
お問い合わせフォーム