公益財団法人 文字・活字文化推進機構















言語力検定








イベント情報・ニュース


平成19年度  平成20年度  平成21年度  平成22年度
  
  
平成23年度  平成24年度  平成25年度  平成26年度
  
  
平成27年度  平成28年度  平成29年度  平成30年度
  


平成27年度

「学校図書館議員連盟、学校図書館活性化協議会の合同会議」(3月16日)

「ことばを感じよう」in出水 〜ことばの力 未来をつなぐ〜 (平成28年2月6日)

「ことばを感じよう」in高松 〜ことばの力 未来をつなぐ〜 (平成28年1月23日)

「ことばを感じよう」in名古屋 〜ことばの力 未来をつなぐ〜 (11月3日)

「新聞・出版文化を守り、民主社会の未来を語る会
―軽減税率は子どもたちへの贈り物である―」
(10月20日)

◆全国リレーシンポジウム「知の地域づくりを考える」in釧路 (10月17日)

「ことばを感じよう」in長野 〜ことばの力 未来をつなぐ〜 (10月3日)

◆シンポジウム「人を潤す言葉」 (9月16日)

「ことばを感じよう」in松江 〜ことばの力 未来をつなぐ〜 (9月12日)

読書と体験の子どもキャンプ(7月30日-8月2日)
             
「出版物への軽減税率の適用を求める集い」 (6月3日)

◆全国リレーシンポジウム「知の地域づくりを考える」in和歌山
(5月31日)

「朗読指導者養成講座」
(4月11日)






 
「学校図書館議員連盟、学校図書館活性化協議会の合同会議」
 第4次学校図書館図書整備5か年計画が平成28年度で終了いたします。政官民のご尽力により、学校図書館図書標準の達成率は徐々に向上しつつありますが、新刊書や共通教材の不足、更新・廃棄の促進など数多の課題が、依然、山積しております。
 平成29年度〜平成33年度の5か年間の学校図書館整備施策に関する地方財政措置について話し合うため、下記の日程で合同会議を開催しました。

 
日時
 平成28年3月16日(水)16:30〜17:30
場所
 衆議員第一議員会館 1階 多目的ホール(アクセス)
出席者  約160名
内容

「第5次学校図書館図書整備推進5か年計画について」

【方針説明】
学校図書館議員連盟

【報告】
文部科学省、学校図書館の整備充実に関する調査研究協力者会議

【意見発表】
新聞、出版、教育現場

 


 
「ことばを感じよう」in出水 〜ことばの力 未来をつなぐ〜(2月6日)
 日本語が美しく表現された絵本の読みがたりや、童謡などをとおして、子どもたちの感性などをはぐくみます。
主催
 国立青少年教育振興機構 公益財団法人文字・活字文化推進機構
共催
 出水市教育委員会 南日本新聞社
後援
 活字文化議員連盟 子どもの未来を考える議員連盟
 鹿児島県書店商業組合
日時
 平成28年2月6日(土) 14:00〜16:00 [開場予定13:30]
場所
 出水市音楽ホール(出水市文化町23)
 アクセス:JR出水駅、出水バスセンターから、
「ふれあいバス」で約10分(「文化会館前」下車)
参加費  無料
定員  400名
内容
 第1部 【朗読のステージ】
  中井貴惠氏(女優・エッセイスト)

 第2部 【合唱のステージ】
  出水市少年少女合唱団

 第3部 【絵本のおはなし】
  角野栄子氏(童話作家)
 


 
「ことばを感じよう」in高松 〜ことばの力 未来をつなぐ〜(1月23日)
 日本語が美しく表現された絵本の読みがたりや、童謡などをとおして、子どもたちの感性などをはぐくみます。
主催
 国立青少年教育振興機構 公益財団法人文字・活字文化推進機構
共催
 四国新聞社
後援
 活字文化議員連盟 子どもの未来を考える議員連盟
 香川県書店商業組合
日時
 平成28年1月23日(土) 14:00〜16:00 [開場予定13:30]
場所
 サンポート高松 第2小ホール(高松市サンポート2-1)
 アクセス:高松駅より徒歩3分
参加費  無料
定員  300名(応募多数の場合は抽選)
内容
 第1部 【朗読のステージ】
  池田弥生氏(西日本放送アナウンサー)

 第2部 【合唱のステージ】
  香川オリーブ少年少女合唱団

 第3部 【トークショー】
  あさのあつこ氏(児童文学作家)
  池田弥生氏
 

 
「ことばを感じよう」in名古屋 〜ことばの力 未来をつなぐ〜
(11月3日)
 日本語が美しく表現された絵本の読みがたりや、童謡などをとおして、子どもたちの感性などをはぐくみます。
主催
 国立青少年教育振興機構 公益財団法人文字・活字文化推進機構
共催
 中日新聞社
後援
 活字文化議員連盟 子どもの未来を考える議員連盟
 愛知県書店商業組合
日時
 平成27年11月3日(火・祝) 14:00〜16:00 [開場予定13:30]
場所
 ウィンクあいち (名古屋市中村区名駅4-4-38)
 アクセス:名古屋駅より徒歩5 分
参加費  無料
定員  270名(応募多数の場合は抽選)
内容
 第1部 【朗読のステージ】

 第2部 【合唱のステージ】
  名古屋少年少女合唱団

 第3部 【絵本のおはなし】
  真珠まりこ氏(絵本作家)
 
 
「新聞・出版文化を守り、民主社会の未来を語る会
―軽減税率は子どもたちへの贈り物である―」
(10月20日)
 私たちは、今年末の与党税制改正大綱に、軽減税率の新たな制度案を盛り込むことを強く要求し、標記のシンポジウムを下記の通り開催いたします。
【主催】
文字・活字文化推進機構/日本新聞協会/日本書籍出版協会/日本雑誌協会
【共催】 活字文化議員連盟、子どもの未来を考える議員連盟
日時  平成27年10月20日(火) 15:30〜17:30
場所
 衆議院第1議員会館 B1大会議室
         
(千代田区永田町2―2―1)
参加費  無料
定員  300名(先着順。定員になり次第締め切ります)
内容
【ご挨拶及び、報告】15:30〜

【シンポジウム】16:00〜
 パネリスト
  浅田次郎氏(作家)

  郭 洋春氏(立教大学経済学部教授)

  姜 尚中氏(東京大学名誉教授)

  柳田邦男氏(作家)
   
 
全国リレーシンポジウム「知の地域づくりを考える」in釧路 (10月17日)
 私たちは、21世紀の知識基盤社会にふさわしい「知の地域づくり」を進めています。そのためには地域の人々がひとしく読書を楽しみ、心の豊かさを育むための環境を整えることが大切です。読者と書店と図書館のつながりを深め、学校や地域で読書活動がさらに広がることを願って、このシンポジウムを開きます。
【主催】
文字・活字文化推進機構
【共催】
北海道新聞社 釧路新聞社
【後援】
北海道釧路総合振興局 北海道教育庁釧路教育局 釧路市 釧路市教育委員会
【協力】
「知の地域づくりを考えるin釧路」実行委員会
日時
 平成27年10月17日(土) 13:00〜16:00 [開場12:30]
場所
 ANAクラウンプラザホテル釧路3F「万葉」
参加費  無料
定員  300名(先着順。定員になり次第締め切ります)
内容
【講演】
「『地方創生』と地域の読書環境―図書館と書店の役割は何か」

  片山善博氏(慶應義塾大学教授、 元総務大臣)

「やっぱり活字文化は大切だ」

  阿刀田高氏(山梨県立図書館長・作家)

【パネルディスカッション】
「知の地域づくり―読者と書店と図書館を結ぶ」

 パネリスト
  片山善博氏(慶應義塾大学教授、 元総務大臣)

  阿刀田高氏(山梨県立図書館長・作家)

  蝦名大也氏(釧路市長)

  高野敏行氏(釧路公立大学学長)

 コーディネーター
  佐藤宥紹氏(釧路短期大学附属図書館長)
 
「ことばを感じよう」in長野 〜ことばの力 未来をつなぐ〜 (10月3日)
 日本語が美しく表現された絵本の読みがたりや、童謡などをとおして、子どもたちの感性などをはぐくみます。
主催
 国立青少年教育振興機構 公益財団法人文字・活字文化推進機構
共催
 信濃毎日新聞社
後援
 活字文化議員連盟 子どもの未来を考える議員連盟
 長野県書店商業組合
日時
 平成27年10月3日(土) 14:00〜16:00 [開場予定13:30]
場所
 J A アクティーホール (長野市大字南長野北石堂町1177-3)
 アクセス:長野駅より徒歩10 分
内容
 第1部 【朗読のステージ】
  青木裕子氏(朗読家)

 第2部 【合唱のステージ】
  信州大学教育学部附属 長野中学校 合唱部

 第3部 【絵本と心の発達】
  柳田邦男氏(作家)
 
 
シンポジウム「人を潤す言葉」 (9月16日)
 言葉で人生やビジネスが豊かになる、そんな経験はありませんか。 言葉は自分を写す鏡であり、人に何かを伝える手段にもなります。 多様なメディアに膨大な情報があふれる今こそ、言葉の力をじっくりと考えてみたいと思います。 活字情報を通じて自分や他人を見つめ直し、新しい世界に踏み出すことのすばらしさ。 そんな「人を潤す言葉」の力を、作家、企業人、研究者らに語っていただきます。
[主催 日本経済新聞社、文字・活字文化推進機構]
プログラム (敬称略)
第1部 基調講演 「言葉を紡ぐということ」
  真山 仁 (小説家)

第2部 パネルディスカッション 「言葉で豊かになる生活・しごと」
 パネリスト
  川村 隆    (日立製作所相談役)
  磯崎 憲一郎 (小説家)
  三浦 瑠麗  (国際政治学者・東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員)
 司会
  繁田 美貴  (テレビ東京アナウンサー) 
日時
 平成27年9月16日(水) 18:00〜20:30 [開場予定17:30]
場所
 日経ホール(東京・大手町1-3-7 日経ビル3F)
 最寄駅:東京メトロ 大手町駅、竹橋駅
      都営地下鉄三田線 大手町駅
      *大手町駅 C2b出口直結
 アクセスは ≫こちら
 
 
「ことばを感じよう」in松江 〜ことばの力 未来をつなぐ〜 (9月12日)
 日本語が美しく表現された絵本の読みがたりや、童謡などをとおして、子どもたちの感性などをはぐくみます。
主催
 国立青少年教育振興機構 公益財団法人文字・活字文化推進機構
共催
 山陰中央新報社
後援
 活字文化議員連盟 子どもの未来を考える議員連盟
 島根県書店商業組合
日時
 平成27年9月12日(土) 14:00〜16:00 [開場予定13:30]
場所
 くにびきメッセ 小ホール (松江市学園南1-2-1)
 アクセス:松江駅より徒歩7分
       松江駅よりバス3分「メッセ・体育館」行き「くにびきメッセ前」下車
内容
 第1部 【マジックと音楽と絵本のステージ】
  大友 剛氏(ミュージシャン&マジシャン)

 第2部 【みんなで歌おう 合唱のステージ】
  松江プラバ少年少女合唱隊

 第3部 【おはなしと絵本の読みがたり】
  宮西達也氏(絵本作家)
 
 
平成27年度「読書と体験の子どもキャンプ」 (7月30日-8月2日)
 7月30日から8月2日までの4日間、東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで、平成27年度「読書と体験の子どもキャンプ」を開催しました。

                       ≫詳細はこちら
[主催 国立青少年教育振興機構、文字・活字文化推進機構/後援 子どもの未来を考える議員連盟、文部科学省、日本新聞協会、日本書籍出版協会、出版文化産業振興財団、読書推進運動協議会、子どもの読書推進会議]
 
「出版物への軽減税率の適用を求める集い」 (6月3日)
多くの方にご参加いただきましたありがとうございました。
 「軽減税率導入」の国会論議も、いよいよ山場を迎えることになりました。当機構は新聞、書籍、雑誌など出版物への軽減税率の適用を求め、この間、活字文化議員連盟や子どもの未来を考える議員連盟をはじめ関連団体と連携して、有識者の賛同署名、シンポジウムの開催など、ひろく世論に訴えてきたところです。
 現在、政府・与党は、軽減税率適用の対象品目に対する論議を深めており、初夏のころには方向性が見えてくると伝えられています。私たちはこの差し迫った状況を視野に標記の集会を開催し、文字・活字文化の振興と発展を願う国民の強い意思を表明したいと思います。
【主催】
文字・活字文化推進機構
【共催】 活字文化議員連盟、子どもの未来を考える議員連盟
【協力】 出版文化産業振興財団
日時  平成27年6月3日(水) 14:00〜15:00
場所
 衆議院第一議員会館 B1大会議室
         
(千代田区永田町二丁目2番1号)
   
 
全国リレーシンポジウム「知の地域づくりを考える」in和歌山 (5月31日)
多くの方にご参加いただきましたありがとうございました。
 文字・活字の文化の担い手である学校図書館、公共図書館、地域書店は、 「21世紀の知の地域づくり」に欠かせないものです。私たちは地域文化の発展を応援し、読者と書店と図書館を結ぶつどい を開催しました。
【主催】
文字・活字文化推進機構
【共催】
読売新聞社 活字文化推進会議
【後援】
和歌山県 和歌山県教育委員会 和歌山県立図書館 和歌山市 和歌山市教育委員会 和歌山大学 和歌山県立医科大学 和歌山県立医科大学図書館
【協力】
和歌山情報サービス産業協会 図書館と地域をむすぶ協議会
日時
 平成27年5月31日(日) 13:30〜16:15 [開場13:00]
場所
 和歌山ビッグ愛 大ホール (和歌山市手平2-1-2)
内容
【基調講演】
  片山善博氏(慶應義塾大学教授、 元総務大臣)

【講 演】
  柳田邦男氏(作家)

【パネルディスカッション】
 パネリスト
  片山善博氏(慶應義塾大学教授、 元総務大臣)

  柳田邦男氏(作家)

  立野淑郎氏(和歌山県立図書館長)

  渡部幹雄氏(和歌山大学教授 附属図書館長)

 コーディネーター
  肥田美代子(当機構理事長、童話作家)


          
 
「朗読指導者養成講座」開講
 朗読を通して地域の人びとをつなぎ、子どもの言葉を育てる活動の核となる朗読指導者を育てるための「朗読指導者養成講座」を開講しました。
 詳しくは「朗読指導者養成講座」のページをご覧ください。

 
主催・後援

【主催】公益財団法人 文字・活字文化推進機構

【後援】公益社団法人 全国公民館連合会、公益社団法人 日本図書館協会
公益社団法人 全国学校図書館協議会、活字文化推進会議(読売新聞社内)

日時
 平成27年4月11日(土)13:30〜16:00
 (以降、平成28年3月まで月1回の開催)
場所
 日本出版クラブ会館(アクセス)
受講者  30名
 

 


          
 
Copyright (C) Characters Culture Promotion Organization.