財団法人 文字・活字文化推進機構





言語力検定


















イベント情報・ニュース


平成19年度  平成20年度  平成21年度  平成22年度
  
  
平成23年度  平成24年度  平成25年度  平成26年度
  
  
平成27年度  平成28年度  平成29年度  平成30年度


平成23年度

◆よむよむ・もぐもぐ広場in仙台(仙台)(3月20日)

◆フォーラム「活字に魅せられて」
(2月11日)

◆シンポジウム「読書活動の活性化のために」―知の地域づくり、地産地消を考える

(1月23日)

◆フォーラム「絵本・物語とことばの世界」(福岡)
(12月18日)

◆シンポジウム「手を伸ばせば、そこに本がある」―学校図書館の活性化を考える

(12月11日)
                           
◆よむよむ・もぐもぐ広場in福岡(福岡)
(12月3日)

◆シンポジウム「問われる成人力〜国際競争を勝ち抜く」(東京)
(12月2日)

◆フォーラム「絵本・物語とことばの世界」(大阪)
(11月19日)

◆心あたためよう、朗読とコンサートのつどい(横手)
(11月5日)

◆フォーラム「絵本・物語とことばの世界」(東京)
(10月1日)

◆フォーラムディスカッション「知層をつくろう〜新しい生き方・ことばの力〜」(9月25日)

◆よむよむ・もぐもぐ広場(9月23日)

◆わくわく子ども読書キャンプ(7月30日-8月1日)

◆本の力で、心の輝きを!(5月3-4日)


◆よむよむ・もぐもぐ広場in仙台 (3月20日)

 「食育」と「読育」をテーマとした親子で楽しめるイベントを仙台市で開催しました。
[主催 独立行政法人国立青少年教育振興機構、文字・活字文化推進機構/共催 日本児童図書出版協会]

プログラム

絵本作家イベント
東北地元企業による食育イベント
絵本の人気キャラクター大集合  など

 
日時 2012年3月20日(火・祝)10:00〜16:00
場所 AER(アエル)21F(仙台市青葉区中央1-3-1)
最寄駅:仙台駅西口徒歩2分 地下鉄南北線「広瀬通」 徒歩5分
JR仙石線「あおば通」 徒歩5分
参加費 無料、ただし、事前登録が必要です


          

◆ フォーラム「活字に魅せられて」(埼玉)(2月11日)


川島隆太氏
 考える力や想像力をはぐくむためにはどうすべきか。「脳を鍛える」シリーズでおなじみの川島隆太さんに、脳科学の面から本屋新聞を読むことの効用などについてわかりやすく紹介していただきました。
 学生時代、思索のアジア放浪の旅を経験した読書家の斎藤博明さんは、活字文化の大切さや魅力についてたっぷりと語っていただきました。

[主催 文字・活字文化推進機構/共催 読売新聞社、埼玉県連合読売会]

プログラム
(敬称略)
 第一部 講演「脳を鍛えよう」
  川島 隆太(東北大学加齢医学研究所教授)
 第二部 パネル討論「活字に魅せられて」
 パネリスト
  川島 隆太(東北大学加齢医学研究所教授)
  斎藤 博明(TAC株式会社代表取締役社長)
 コーディネーター
  肥田 美代子(童話作家、文字・活字文化推進機構理事長)
 

斎藤博明氏
日時 2012年2月11日(土)13:30〜16:00(13:00 開場予定)
場所 さいたま市民会館おおみや 小ホール(さいたま市大宮区下町3-47-8)
・「大宮駅」東口より徒歩15分
・「大宮駅」東口 東武バス 3番乗場 天沼循環「吉敷一丁目」下車 徒歩5分
・JR京浜東北線ほか「さいたま新都心駅」東口より徒歩17分
アクセスはこちら
参加費、
定員
無料、270名
申込方法 インターネット、ファックス、ハガキでお申し込みください。
インターネットからのお申込みは、こちら
ファックスの場合は申込用紙をお送りください。 申込用紙はこちら
ハガキの場合は 氏名、ご職業、住所、電話番号を下記宛先までお送りください。
申込先、
問い合わせ
文字・活字文化推進機構 「活字に魅せられて」係
〒101-0051東京都千代田区神田神保町3-12-3
TEL 03-3511-7305 FAX 03-5211-7285
メール info@mojikatsuji.or.jp


◆ シンポジウム「読書活動の活性化のために」―知の地域づくり、地産地消を考える(1月23日)

 2010年国民読書年は、読書活動の推進にとって学校図書館、公共図書館、地域書店のネットワークの実現による「知の地域づくり─地産地消」が、今後の大きな課題であることを浮き彫りにしました。学校、地域のすべての図書館が、地域書店から図書を購入する「地産地消」は、知の地域づくりの基盤であり、子どもたちと地域書店をつなぐパイプともなります。
 この実現に向けて、片山善博前総務大臣を迎えシンポジウムを開催しました。
[主催 文字・活字文化推進機構]
[共催 日本図書館協会/全国学校図書館協議会/読売新聞社](予定)
[後援 日本新聞協会/日本書籍出版協会/日本雑誌協会/日本書店商業組合連合会/日本出版取次協会](予定)

プログラム (敬称略)
基調講演
  片山善博(前総務大臣、慶応大学教授)
シンポジウム
  片山善博
  西川太一郎(東京都荒川区長)
  水越規容子(町田市立成瀬台中学校図書指導員)
  盛泰子(佐賀県伊万里市議会議員)   

日時 2012年1月23日(月)15:00〜17:30
場所 憲政記念館 大ホール(東京都千代田区永田町1-1-1)
  東京メトロ 丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」下車 2番出口から徒歩7分
  有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」下車 2番出口から徒歩5分
  都バス 橋63系統「国会議事堂前」下車 徒歩3分
アクセスはこちら
参加費、定員 無料
450人


          

◆ フォーラム「絵本・物語とことばの世界」(福岡)(12月18日)


よしながこうたく氏の
アートライブ
 読書について語り合うトークショーのほか、よしながこうたくさんによる博多弁の読み聞かせと絵描きのパフォーマンス、よしととひうたさんの音楽と紙芝居を絡ませた楽しいライブなどを行いました。
[主催 文字・活字文化推進機構/後援 毎日新聞社]

プログラム
(敬称略)
 トークショー「絵本・物語とことばの世界」
 出演
  よしなが こうたく(絵本作家)
  よしととひうた(絵本作家とシンガーソングライター)
 コーディネーター
  安田 瑞代(RKB毎日放送アナウンサー)

博多弁読み聞かせとアートライブ
  よしながこうたく
紙芝居ライブ
  よしととひうた
 

よしと氏(写真右端)と
ひうた氏(写真左端)
日時 2011年12月18日(日)13:30〜15:20(13:00 開場予定)
場所 博多阪急7F「ミューズ」
(福岡市博多区博多駅中央街1-1)
最寄駅:JR博多駅
参加費、
定員
無料、100名 *申込多数の場合は、抽選になります。


◆ シンポジウム「手を伸ばせば、そこに本がある」―学校図書館の活性化を考える(12月11日)

 このシンポジウムでは、本好きな子どもを育てるための家庭、地域、学校の役割や、学校図書館を活用した教育の実勢に必要な政策・財政のありかたについて討論していただきました。
[主催 文字・活字文化推進機構、学校図書館活性化協議会/共催 子どもの未来を考える議員連盟、山陽小野田市、山陽小野田市教育委員会、読売新聞社/後援 日本児童図書出版協会、学校図書館整備推進会議、読書推進運動協議会]

プログラム (敬称略)
基調講演
  あさのあつこ(作家)
シンポジウム
 パネリスト
  河村 建夫(衆議院議員 元文部科学大臣)
  あさのあつこ(作家)
  山本 希(山陽小野田市学校図書館支援員)
 コーディネーター
  肥田美代子(文字・活字文化推進機構理事長 童話作家)

日時 2011年12月11日(日)13:30〜16:00(13:00 開場予定)
場所 山口東京理科大学5号館2F 5210教室
(山口県山陽小野田市大学通1-1-1)
最寄駅:JR雀田駅から徒歩5分 アクセスはこちら
参加費、定員 無料、300人
 当シンポジウムの採録記事が読売新聞1月5日(木)朝刊(西部本社版)に掲載されました。


◆よむよむ・もぐもぐ広場 (12月3日)

 「食育」と「読育」をテーマとした親子で楽しめるイベントを福岡 天神で開催しました。
[主催 独立行政法人国立青少年教育振興機構、文字・活字文化推進機構/共催 日本児童図書出版協会]

プログラム

絵本作家イベント
九州地元企業による食育イベント
絵本の人気キャラクター大集合  など

 
日時 2011年12月3日(土)10:00〜16:00
場所 エルガーラホール(福岡市中央区天神1-4-2)
最寄駅:地下鉄 天神駅徒歩約5分、天神南駅徒歩約1分、
西鉄福岡(天神)駅徒歩約2分、
西鉄天神バスセンターから徒歩約3分
アクセスはこちら
参加費 無料、ただし、事前登録が必要です


◆ シンポジウム「問われる成人力〜国際競争を勝ち抜く」(12月2日)

 
 国際競争を勝ち抜くには、どのような力が必要なのか?グローバルな人材戦略はどうあるべきか?、読解力、交渉力や対話力など、日本の今日的な課題について討論していただきました。
[主催 日本経済新聞社、文字・活字文化推進機構]
プログラム (敬称略)
基調講演
  浅田 次郎(作家 日本ペンクラブ会長)
パネルディスカッション
 パネリスト
  浅田 次郎(作家 日本ペンクラブ会長)
  近藤 誠一(文化庁長官)
  雑賀 大介 (三井物産代表取締役常務執行役員)
 コーディネーター
  八塩 圭子(フリーアナウンサー、学習院大学特別客員教授)
 
日時 2011年12月2日(金)13:30〜16:30(13:00 開場予定)
場所 日経ホール(東京・大手町1-3-7 日経ビル3F)
最寄駅:東京メトロ 大手町駅、竹橋駅
都営地下鉄三田線 大手町駅
*大手町駅 C2b出口直結
アクセスはこちら
参加費、
定員
満数になりましたので、お申し込みを締切ました。
※当日、満席となったり、講演開始後にご来場いただいた場合には、会場外のモニター席でご聴講いただく可能性があります。ご了承ください。


          

◆ フォーラム「絵本・物語とことばの世界」(大阪)(11月19日)


柳田邦男氏
 今回は絵本に造詣の深いノンフィクション作家 柳田邦男さんと絵本作家 あきびんごさんを迎えて、子どもたちの心やことばの力をはぐくむためにはどうすべきかを語り合っていただきました。
[主催 文字・活字文化推進機構/後援 国立国会図書館国際子ども図書館、日本児童図書出版協会、大阪樟蔭女子大学、毎日新聞社]

プログラム

 基調講演
  柳田 邦男(ノンフィクション作家)
 パネル討論「絵本・物語とことばの世界」
 パネリスト
  柳田 邦男(ノンフィクション作家)
  あき びんご(絵本作家)
 コーディネーター
  肥田 美代子(童話作家、大阪樟蔭女子大学教授、
 文字・活字文化推進機構理事長)  

あきびんご氏
日時 2011年11月19日(土)13:30〜16:00(13:00 開場予定)
場所 大阪樟蔭女子大学 小阪キャンパス8号棟401教室
(東大阪市菱屋西4-2-26)
最寄駅:近鉄奈良線 河内小阪駅、JRおおさか東線 JR河内永和駅
アクセスはこちら
参加費、
定員
無料、500名


◆心あたためよう、朗読とコンサートのつどい ―東日本大震災を越えて― (11月5日)

 震災復興支援活動第二弾として、秋田県 横手市で開催します。
朗読とコンサートを通して、日本語の美しさを被災者の皆さまをはじめ多くの方にお伝えいたしました。
[主催 独立行政法人国立青少年教育振興機構、財団法人文字・活字文化推進機構]

プログラム

第一部 朗読
出演:真野響子、眞野あずさ
第二部 童謡コンサート
出演:由紀さおり、安田祥子

 
日時 2011年11月5日(土)13:30〜16:00(13:00開場予定)
場所 秋田ふるさと村 ドーム劇場(秋田県横手市赤坂字冨ヶ沢)
アクセスはこちら
参加費 無料


◆ フォーラム「絵本・物語とことばの世界」(10月1日)


宮川健郎氏
 「子どもの読書活動推進法」が施行されて今年で10年。日本児童文学研究者の宮川健郎さんと絵本作家の浜田桂子さんを講師に迎え、子どもの想像力やことばの力ををはぐくむ読書への熱い思いを語り合っていただきました。
[主催 文字・活字文化推進機構/共催 読売新聞社、活字文化推進会議]

プログラム

 基調講演「命のまぶしさを伝える」
  浜田 桂子(絵本作家)
 対談「絵本・物語とことばの世界」
 出演
  宮川 健郎(武蔵野大学教授)
  浜田 桂子(絵本作家)
 

浜田桂子氏
吉竹めぐみ撮影
日時 2011年10月1日(土)13:30〜15:30(13:00 開場予定)
場所 日本プレスセンタービル10階ホール(東京都千代田区内幸町)
東京メトロ 丸の内線 日比谷線 千代田線 霞ヶ関駅、都営三田線 内幸町駅
アクセスはこちら


◆ 「知層をつくろう〜新しい生き方・ことばの力〜」(9月25日)

石田衣良氏
読売新聞社提供
このまちで、この国で、この世界で、いま、私たちに、なにができるか。なにが求められているのか。 学ぶこと、働くこと、助けあうこと、幸せとは、個性とは…?作家 石田衣良さんと大学教授 北川達夫さんが熱く語りました!
[主催 文字・活字文化推進機構/後援 読売新聞社、出版文化産業振興財団/協力 三省堂]

プログラム

 対談「知層をつくろう〜新しい生き方・ことばの力〜」
  石田 衣良(作家)
  北川 達夫(日本教育大学院大学客員教授)

 公開討論
 パネリスト
  石田 衣良(作家)
  北川 達夫(日本教育大学院大学客員教授)
   ほか、指定討論者

 コーディネーター
  鈴木美潮(読売新聞社記者、日本テレビキャスター)  

北川達夫氏
日時 2011年9月25日(日)13:30〜16:00(13:00 開場予定)
場所 全電通労働会館 ホール(東京都千代田区神田駿河台)
最寄駅:JR御茶ノ水駅、東京メトロ 千代田線 新御茶ノ水駅、丸の内線 淡路町駅、都営新宿線 小川町駅 アクセスはこちら


◆よむよむ・もぐもぐ広場 (9月23日)

 「食育」と「読育」をテーマとした親子で楽しめるイベントを東京 飯田橋で開催しました。
[主催 独立行政法人国立青少年教育振興機構、財団法人文字・活字文化推進機構/共催 日本児童図書出版協会]

プログラム

絵本作家イベント
キッコーマン、カルピスによる食育イベント
絵本の人気キャラクター大集合  など

 
日時 2011年9月23日(金・祝)10:00〜16:00
場所 飯田橋レインボービル(東京都新宿区市谷船河原町)
最寄駅:JR飯田橋駅、東京メトロ 有楽町線 南北線 東西線 飯田橋駅、都営大江戸線 飯田橋駅 アクセスはこちら


◆ 平成23年度わくわく子ども読書キャンプ
     
(7月30日-8月1日)

  7月30日から8月1日までの3日間、東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで、平成23年度「わくわく子ども読書キャンプ」を開催しました。>>詳細はこちら

[主催 国立青少年教育振興機構、文字・活字文化推進機構/後援 子どもの未来を考える議員連盟、文部科学省、日本新聞協会、日本書籍出版協会、出版文化産業振興財団、読書推進運動協議会、子どもの読書推進会議]


◆本の力で、心の輝きを!
     
(5月3-4日)

 当機構では東日本大震災被災地支援として、「本の力で、心の輝きを!」の活動を行っています。>>詳細はこちら



 
Copyright (C) Characters Culture Promotion Organization.